スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「大屋神楽」こそは、元祖「石見神楽」なり!

 先日、大田市の「大屋神楽社中」へと、“石見神楽が何たるか?”を伝えんと
稽古場へと出向きました。

 今年4月から、高校生の入団者が増えたことから、この神楽団は一段と若返り、動きも軽やかなこともあって、団長をして「神楽のグレードが上がったワイ!」と、
云わせしめるほどになったとのこと・・・
 しからば、“出雲が舞台の「ヤマタノオロチ退治」を、何故、「出雲神楽」と呼ばずに「石見神楽」と呼ぶのか?”という理由を、この若者達に知ってもらわねば・・との思いからです。

 由緒正しき伝統神楽=スサノヲのオロチ退治=石見神楽・・・


 〝石見地方で舞う神楽だからイワミカグラなのだ!〟と思っていらっしゃる方々が大半だと思いますが、そうではありません。
 
しからば、その理由は?
 スサノヲが石見国の出身で、出雲国のオロチを討伐したから、
“石見の【鬼神】スサノヲの戦勝記念の舞=石見神楽”

の図式であるからです!
 
 舞台が出雲であるのならば、本来は「出雲神楽」と呼ぶべきなのに、イワミカグラと呼ぶこの不思議!
 
「備中神楽」、「関が原の戦い」、「桶狭間の戦い」等々のように、その地の名称をつけるのが“普通の形”であるはずなのに・・です。


 オロチの所有する高度の鉄文化を手に入れるため、スサノヲが起こした侵略戦争が「ヤマタノオロチ退治」であり、この時の戦勝記念の舞が「石見神楽」なのです!

つまり、  
スサノヲが石見国鬼村出身であったからこそ
     「出雲神楽」ではなく
     「石見神楽」と呼ぶ!

のです。

「鬼村」は、全国の【鬼】の本願地・・・
かつては、この地に「鬼神社」もありました。
ということは、「鬼神様」も当然いたのです!

この「鬼神様」こそが、あのスサノヲノミコトやオオグニヌシノミコトでありました。
つまり、巷で出雲の神だと思われている彼等は、この石見国鬼村が出身地なのです!

よって、鬼村は大屋町に属していることから、
オロチ退治の「石見神楽」は
大田市大屋町の「大屋神楽社中」が元祖である!

という訳です。

スポンサーサイト
2012年07月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 鬼姫雑記帳
 | HOME | OLD »»

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。